カレンダー

2018年9月
« 8月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

ムラサキの花が上品「ムラサキシキブ」

投稿日:2015年6月28日
3.みどころ情報

0705ムラサキシキブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムラサキシキブ(クマツヅラ科)

山野に生える落葉低木(高さは3m程)。花は先の方が4裂し、雄しべは長く突き出ます。小さな花もきれいな紫ですが、花後の小さな球果も上品な紫色で、多くの人に好まれます。和名は、果実の美しさを“紫式部”に例えたものと言われています。

 

 

 

0709イタドリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタドリ(タデ科)

町の道端から高山まで、いたるところに生える、草丈1m程の多年草。若芽はウドに似て食することができます。“スカンポ”の別名の通り、酸味があります。葉腋に円錐状の花序を作り、多数の白い小花を密に付けます。

 

 

 

0709メタカラコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メタカラコウ(キク科)

山地の湿地に生える草丈50~90cmの多年草。茎は直立して枝分かれしません葉はフキに似た大きな三角状の心形で、茎の先に黄色い頭花を総状に付けます。長さ2~3cmの舌状花が、歯のぬけたように1~3枚つき、中心に筒状花が集まります。

 

 

 

0705ヤマアジサイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマアジサイ(ユキノシタ科)

各地の山地に自生する、高さ1~1.5mの落葉小低木。径8~10cm程の小ぶりな散房花序を出し、外側に大きな装飾花中心部に小さな両性花をつけます。ガクアジサイの変種とされていますが、母種より枝が細く、葉の幅も狭く、葉の先端は尾のように伸びる事が多いようです。

 

 

 

0707クララ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クララ(マメ科)

山野に普通に見られる高さ1m程の多年草。葉はマメ科らしく奇数羽状複葉で、茎の上部から茎頂にかけて、多数の淡黄色の蝶型花を付けます(花の長さは1.5cm内外)。根汁をなめると目がくらむほど苦いので、この名が付いたと言われています。

 

 

 

0625ノリウツギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノリウツギ(ユキノシタ科)

各地の山地に自生する、高さ3m程の落葉低木。枝先に円錐花序を作り、中心部に多くの両性花と外周に少数の装飾花を付けます。装飾花は実は萼片で、のちに白色からうっすらと赤味を帯びてきます。和名は、樹皮の粘液から、和紙をすくときに使う糊を作ることによります。