開園日について

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

プレオープンしました

投稿日:2018年3月24日
3.みどころ情報

 

プレオープンしました、正式開園は4月1日です。

 

ザゼンソウ1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザゼンソウ(サトイモ科)

湿地に群生する野草園の代表的な早春の花です。外側の暗紫茶色の花びらのように見えるものは、高さが10~15cmの仏炎苞というもので葉が変化したものです。中にあるものが花序(小花の集まり)です。ザゼンソウの名は座禅をする僧侶の姿に似ているとしてつけられたようです。 (「ミズバショウの谷」に見られます。)

 

 

ハンノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンノキ(カバノキ科

湿地にたくさんのハンノキの木があります。その木の枝に細長い茶色のものがぶら下がっています。それが雄花なのです。雄花からは花粉が出て風で運ばれます。その雄花の上にある小さな赤茶色のものが雌花です。 (「ミズバショウの谷」や「クリンソウの谷」に見られます。)

 

 

マルバマンサク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバマンサク(マンサク科)

本種は日本海側に多く、太平洋側に多いマンサクと違って葉の上半身が尖らず丸くなっています。花は黄色い線形の花弁と紫紅色の萼が目立ちます。春一番にまず咲くのでマンサク(マズサク)と言われます。   (「マグノリア通り」や「クリンソウの谷」に見られます。)

 

 

フクジュソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フクジュソウ(キンポウゲ科)

フクジュソウは光や温度に敏感です。黄色い花びらは太陽の光が当たると大きく開き、金属光沢があるかのように光ります。天気が悪くなり気温が低下すると花はしぼんでしまいます。“福寿草”名前も良いし色も良い、早春に好まれる花です。  (「ナナカマドの森」の東の斜面に見られます。)