野草園からのおしらせ

ハーブ園に咲くたくさんの花たち

投稿日:2018年8月30日
3.みどころ情報

キャットミント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャットミント(シソ科)

株元からよく枝分かれし、茎の先に、径5mm程の淡紫色の花の花穂をつけます。葉は対生で、ミントのような香りがあります。同じ仲間のキャットニップの葉の香りは猫を引き付ける効果がありますが、本種はなく鎮静作用や強壮作用があるのでハーブテイーや入浴剤に利用されます。別名はチクマハッカです。 (「ハーブ園」に見られます)

 

 

オレガノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレガノ(シソ科)

ヨーロッパ原産の多年草で、草丈50~80cmです。茎先に淡紅紫色の小花を穂状につけます。葉と茎に独特のミントの香りがあり、イタリア料理などの香辛料として使われます。別名はハナハッカです。 (「ハーブ園」に見られます)

 

 

クリーピングタイム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリーピングタイム(シソ科)

茎が地面を這う形で広がる常緑性の小低木です。茎先に円錐状の花序をつけます。花序の小花は径5mm程でうすいピンク色です。花の咲く頃、茎や葉を刈取って料理などに使うと、さわやかな香りを楽しめるそうです。 (「ハーブ園」に見られます)

 

 

カラミンサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラミンサ(シソ科)

ヨーロッパ原産の多年草で草丈30~50cmです。茎の上部にうすいピンク色の唇形花をたくさんつけます。全体にすがすがしいミントの香りを漂わせ、葉はハーブティーなどに利用されます。 (「ハーブ園」に見られます)

 

 

キンギョソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キンギョソウ(オオバコ科)

地中海地方の原産で草丈20~120cmの1年草です。花の色は白、赤、ピンク、黄色と多彩で、名の通り金魚のような形の花です。その花を穂状につけます。 (「ハーブ園」に見られます)

 

 

ツルバキア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツルバキア(ネギ科)

南アフリカ原産の多年草で草丈30~60cmです。長く伸びた花茎の先に径1.5~2cmの花を数個放射状につけます。花は筒状のピンク色で、花弁の先が6裂し広がっています。 (「ハーブ園」に見られます)