カレンダー

2018年12月
« 11月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

スワンヒル市長が来園

投稿日:2014年6月29日
3.みどころ情報

山形市は、海外の5つの市と友好姉妹都市になっていますが、その中の1つ「スワンヒル市(オーストラリア)」から市長が来園し、園内を散策していかれました。「キョウガノコ」には特に関心を示してくださいました。

 

0629スワンヒル来園 中央が市長さん(スワンヒルの庭前で)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0628キョウガノコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キョウガノコ(バラ科)

ピンク色の粒々の小さな花を密生させて咲きます。名は“絞り染めの一種で、鹿の斑点のような模様をぎっしり並べた絞り”から由来しています。

 

 

 

0628トリアシショウマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トリアシショウマ(ユキノシタ科)

北海道~本州中部に生えるチダケサシ属の多年草。白い花序は円錐状で、ブラシのようなその姿はフワフワして可愛いです。

 

 

0628オトギリソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オトギリソウ(オトギリソウ科)

野や山で普通に咲く多年草です。葉は対生して茎を抱き、特徴として葉に黒点があります。小さい黄色の5弁花にも黒点が見られるようです。“兄に斬られた弟の血しぶき”のシミだという伝説があります。

 

 

0628オニノヤガラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オニノヤガラ(ラン科)

多年草ですが光合成を行わず、ナラタケ属の菌等に寄生して養分を得るという特殊な生活をしているので、どこに出てくるかわかりません。葉がなく、茎だけを立て花を咲かせる姿は一種異様です。今年は見つけるのが遅すぎたようです。

 

 

 

0625キクイモモドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キクイモモドキ(キク科)

ヒマワリ属のキクイモによく似た花を咲かせるので、この名が付きました別名「ヒメヒマワリ」とも言います。本当に、まるで小さなヒマワリのようで、園のあちらこちらに顔を出します。