開園日について

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

キクではない「シュウメイギク」

投稿日:2014年8月30日
3.みどころ情報

0824シュウメイギク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シュウメイギク(キンポウゲ科)

観賞用に植えたり、人里近くの林縁等に咲く多年草。古い時代に中国から入ってきました。和名は、秋に菊によく似た花を付けることによるのですが、本種はキクではなく、英名の“ジャパニーズアネモネ”そのものです

 

 

0830ツルリンドウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツルリンドウ(リンドウ科)

北海道~九州の山地の木陰などに生えるツル性の多年草。つるは紫色を帯び、葉は対生し、裏面も紫色を帯びることが多いようです。花は3~4㎝で、花冠(先端)が淡紫色で5裂します。

 

 

0830メカルガヤ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メカルガヤ(イネ科)

本州~九州の山野に生える多年草。草丈は0.7~1m程になります。茎の上部の葉腋から短い枝を出し、6個の小穂が集まった穂を出します。昔は屋根を葺いたカヤです。

 

0827イワテトウキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワテトウキ(セリ科)

本州~北海道の山地に生え多年草。茎は高さ20~50㎝、葉は1~3回三出複葉です。茎や葉には強い香気があり、花にも独特の漢方薬のような臭いがあります