開園日について

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

カキ色のランが咲きました…「カキラン」

投稿日:2016年6月29日
3.みどころ情報

0628 カキラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カキラン(ラン科)

山地の日当たりの良い湿地に生える、草丈30~70cmの多年草で、野草園では「水辺の広場」に見られます。花は釣鐘型花径は1.5cm程唇弁花で、下唇の内側には紫色の斑紋がありますが、全体的には橙黄色の“カキ色”で、この花の色から和名が付きました。

 

 

 

0628 タマガワホトトギス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タマガワホトトギス(ユリ科)

山地の湿った所に生える、草丈40~100cmの多年草。野草園では「ロックガーデン」の登り口に見られます。茎の先に、全体が黄色で、内側に紫褐色の斑点がある花が2、3個つきます。外側の花びらは内側の花びらより幅が広く基部に大きな膨らみがあるのが特徴です。

 

 

 

0628 ジュンサイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュンサイ(ジュンサイ科)←スイレン科

若葉の部分を食用にする浮葉植物で、北海道~九州に分布します。10cm内外の楕円形の葉を水面に浮かべ、茎から水面に伸びた柄の先に小花を1つ付けます。花径は1~1.6cm花弁と萼片は3枚ずつで、スイレンの花をとても細くしたような姿ですが、花弁は紫褐色であまり目立ちません。     (「ひょうたん池」に群生しています。)

 

 

 

0628 キツネノボタン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キツネノボタン(キンポウゲ科)

本州~九州に分布し、川や水田の近くなど湿り気のある土地に生えます。草丈は30~60cmで、分枝した茎の先に黄色の小花を付けます。径1~1.5cmで、花弁に光沢があるのが特徴です。花後の果実は集合果で、角状の突起それぞれが1つの実で、全体として1㎝程のコンペイトウのような形になります。   (「アケビのトンネル」前などに見られます。)