野草園からのおしらせ

カエデ属の樹木の果実は翼果です

投稿日:2019年11月17日
3.みどころ情報

ヤマモミジの果実カラコギカエデの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カエデ属の果実たち(ムクロジ科)

園内には紅葉のきれいなカエデ属の樹木がたくさんあります。しかし今は紅葉が終わり、葉が散って果実だけがたくさん残っています。カエデ属の果実は翼果です。翼果の片側に種子があり、そこから平らな翼が伸び、それが2個くっついたものです。ヤマモミジの翼果(写真左)は2個が鋭角に、カジカエデの翼果(写真右)はほぼ平行にくっついています。やがてそれらは回転しながら落ちていきます。 (所々に見られます)

 

 

サンシュユの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンシュユの果実(ミズキ科)

春には黄色い小花をたくさんつけていましたが、今はグミのような赤い果実をたくさんつけています。渋くて美味しくありませんが、その果実を使って果実酒を造り強精剤などとして使われます。 (「吉林の庭」に見られます)

 

 

カンボクの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンボクの果実(レンプクソウ科)

初夏に白いガクアジサイのような花を咲かせましたが、今は真っ赤な果実を多数付けています。つぶしてみると強い臭気があり鳥も食べないようです。そのため果実は葉が落ちた後も春まで残ります。 (「クリンソウの谷」の北西側などに見られます)

 

 

ツルリンドウの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツルリンドウの果実(リンドウ科)

山地の木陰などに生えるつる性の多年草で夏に淡紫色で先が浅く5裂した筒状の花を咲かせていましたが、今は濃い紅紫色の長さ2cm程の果実(液果)を付けています。 (七草の庭」の西側などに見られます)