野草園からのおしらせ

ウワミズザクラが満開です

投稿日:2019年5月19日
3.みどころ情報

満開のウワミズザクラウワミズザクラ3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

満開のウワミズザクラ

白い花が穂になって咲く(ブラシのようになって咲く)ウワミズザクラが満開です。様子はサクラとは思えない感じですが、一つ一つの白い小花はサクラのように5弁花です。 (「クリンソウの谷」の北西側などに見られます)

 

 

サラサドウダン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラサドウダン(ツツジ科)

ドウダンツツジの仲間では寒さに強く、最も北の地方にまで分布するそうです。花は淡紅白色の花弁に紅色の立縞があります。この更紗模様が名の由来です。花は枝先に数個ずつり下がり釣鐘形です。花弁は浅く5裂し、雄しべが10個、雌しべが1個、萼片は深く5裂しています。 (「中央広場」の西側や「ツツジの丘」に見られます)

 

 

レンゲツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンゲツツジ(ツツジ科)

草原や林縁などに生える落葉低木で、花と葉が同時に開きます。花は日本にあるツツジの中で最も大きいそうです。橙色の花弁の上側に褐色の斑点があり、葉は細長く先が丸いへら形でしわがあるのが特徴です。有毒植物なので家畜が食べず、牧場などでは群生しているそうです。 (「ツツジの丘」などに見られます)

 

 

アオダモ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アオダモ(モクセイ科)

落葉中高木で、雌雄異株なので雄花をつける雄株と両生花をつける雌株があります。葉は奇数羽状複葉です。細長い花弁の白い花をたくさんつけます。堅く粘りのある材質なので樹木は野球のバットなどに使われます。 (「シャクナゲの丘」などに見られます)

 

 

シロヤマブキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロヤマブキ(バラ科)

自然界では中国地方など限られた地域の山中に生える1属1種の落葉低木です。全体の雰囲気はヤマブキに似ていますが、花弁が白色で4個、葉の付き方が対生であることから黄色の花のヤマブキ(5花弁で互生)とは異なる種であることがわかります。 (「マグノリア通り」に見られます)

 

 

ナナカマド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナナカマド(バラ科)

山地の林縁などに生える落葉小高木で、公園や庭にも植えられています。葉は奇数羽状複葉で、秋には紅葉します。枝先に複散房花序を出し、白い5弁花を多数つけます。名前は7度釜戸に入れても燃え残るということからつけられたようです。「山形市のシンボルの木」としても良く知られています。 (「ナナカマドの森」に見られます)

 

 

マイズルソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイヅルソウ(キジカクシ科)

山地から亜高山帯の林内に生える多年草で、葉の形はハート形で先が尖り葉脈が目立ちます。茎はまっすぐでなく、くの字に曲がりその先に白い小花の総状花序をつけます。大きく広げた2枚の葉の様子を羽に総状花序を頭に見立てて、鶴が舞う姿に例え名がつけられたようです。 (「マグノリア通り」に見られます)

 

 

ムラサキケマン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムラサキケマン(ケシ科)

平地や山麓の日陰の、やや湿ったところに生える多年草です。茎は高さ20~50cm、葉は根元と茎に付き、2~3回羽状に細かく裂け、裂片はさらに深く切れ込みます。花は紅紫色、長さ1.2~1.8cmの筒状で先は唇形となり、茎の上部に総状につきます。名の「ケマン(華鬘)」とは仏具のことですが、もとは生花を糸でつづり首などにかけた花輪のことで、この花が似ているからついたようです。(所々に見られます)