カレンダー

2018年9月
« 8月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

アネモネの仲間です。

投稿日:2012年8月31日
3.みどころ情報

 紅紫色と白色の両方が咲き始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シュウメイギク(キンポウゲ科)

 観賞用として庭に植えられるほか、人里近くの林縁などに生える多年草です。古い時代に中国から

入ってきた栽培品で中国では秋牡丹といわれているそうです。名は、秋に菊によく似た花をつけること

によります。別名貴船菊は、京都の貴船に多かったことによるそうです。しかし、本種は菊でも牡丹でも

なく英名のジャパニーズアネモネがしめすとおり、秋咲きのアネモネです。

 

 

 ハギの中では大きくて目立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤギノハギ(マメ科)

 山野に自生しますが、人家に植えられる落葉性の低木です。茎は花が咲くころには枝先が

しばしば地につくようになります。全体に絹状の伏し毛があります。葉は3出複葉で互生します。

小葉は楕円形または長楕円形です。葉のわきから長い総状花序をだし紫紅色の蝶形花を開き

ます。竜骨弁が翼弁よりも長く鎌状に曲がるのが特徴です。

 

 

 花は淡紫白色です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キハギ(マメ科)

 山野に生える落葉低木です。葉のわきから総状花序を出して、淡紫白色の

蝶形花をつけます。花序はほとんど無柄。旗弁は淡黄色で基部付近に紫斑が

あり、翼弁は紅紫色、竜骨弁は淡黄白色です。