野草園からのおしらせ

アジサイのような丸い花、テマリカンボク

投稿日:2019年5月26日
3.みどころ情報

テマリカンボク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テマリカンボク(レンプクソウ科

カンボクの一種で枝先に大きな花の塊(花序)をつけ、すべてが白い装飾花の集まりです。丸い花序の大きさは6~10cmになりこれが“てまり”と呼ばれる理由です。 (「クリンソウの谷」の北西側に見られます)

 

 

ケナシヤブデマリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケナシヤブデマリ(レンプクソウ科)

山地の湿った場所に多い落葉低木で、太平洋側のヤブデマリに対して日本海側に多く分布します。葉に毛がありません。花はガクアジサイ似た白い花で中央に両性花、周りに装飾花が付きます。装飾花は不揃いに裂け、その内の一つが非常に小さいのが特徴です。 (「クリンソウの谷」の南側に見られます)

 

 

イヌザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イヌザクラ(バラ科)

葉が開いた後に、長さ5~10cmのブラシ状の花序を小枝の先に付けます。ウワミズザクラに似ていますが、花序はやや小さく、その下の花柄に葉が付きません。個々の花は白い5弁花で雄しべが花弁より長いです。 (「ロックガーデン」の北側の登り口に見られます)

 

 

シウリザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シウリザクラ(バラ科)

葉が開いた後に、ブラシ状の花序を小枝の先に付けます。ウワミズザクラに似てその下の花柄にも葉が付きます。違いは葉の基部がハート形で、葉柄の上部に蜜腺があることです。個々の花は白い5弁花で、雄しべが花弁より長いです。 (「ひょうたん池」の西側に見られます)

 

 

アキグミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキグミ(グミ科)

山野に生えよく分枝して高さ2~3mにもなる落葉低木です。葉は全縁で鱗状毛が密生し、特に裏面は多いため白色に見えます。花は花弁がなく、淡黄色の筒状の萼が先端を4裂してラッパの先が広がったような形です。花後のアキグミの赤い果実は丸形(球形)です。 (「ロックガーデン」に見られます)

 

 

ウラジロノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウラジロノキ(バラ科)

落葉高木で葉は鋸歯があり側脈が明瞭です。葉には綿毛があり、特に裏面は密で白っぽいです。春の新芽の段階では、枝・葉柄・葉に白い毛を密生しますが、やがて葉の裏面をのぞいて毛は脱落します。花は枝先に複散房花序を形成したくさんの白い花を付けます、径1~1.5cm花は白色の花弁で基部に白い毛があり、花柱は2個です。(「ナナカマドの森」に見られます)

 

 

ミズキ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミズキ(ミズキ科)

平地や山地の谷沿いなどに多い落葉高木です。若枝は冬に赤みを帯び、山形では「だんご木」として使われます。早春に枝を切ると樹液が多くしたたり落ちることから名がつけられたようです。葉は側脈が湾曲しながら平行に走り、枝先に白い花の散房花序をつけます。花は花弁が4個、雄しべが4個です。 (「ひょうたん池」の北西側のミズキ林に見られます)

 

 

セイヨウオダマキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セイヨウオダマキ(キンポウゲ科)

葉はオダマキ特有の粉を噴いたような緑色です。多くのオダマキの花は下向きに開きますが、本種の花は八重咲きで上向きに咲きます。 (「ボルダーの庭」の道端に見られます)