野草園からのおしらせ

アキニレの木は淡黄色の小花でいっぱいです

投稿日:2019年9月8日
3.みどころ情報

アキニレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキニレ(ニレ科)

山地や平地に生える樹高15mにもなる落葉高木です。葉はやや小さく互生し、革質で少し硬く、葉脈が斜め平行になっています。葉の腋に淡黄色の小花を群がるように付け、4裂した花弁の花から突き出る長い雄しべが目立ちます。花後に、すぐ楕円形の果実(翼果)をたくさん付けます。 (「ボルダーの庭」に見られます)

 

 

オオカニコウモリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオカニコウモリ(キク科)

林内に生える多年草で、葉の形が5角形に近い腎形で、コウモリに似ているから名がついたようです。茎先にやや散房状に数個白い小花が付きます。小花は筒状花で花柱が目立ちます。 (「ロックガーデン」の北側に見られます)

 

 

シラヤマギク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラヤマギク(キク科)

山地の日当たりの良い草地や明るい林縁に生える多年草です。草丈が1~1.5mで、下部の葉は大きく心形で翼のある葉柄を持っています。茎頂に、散房状に花を付けますが、舌状花の数が少ないので花の花弁が少なく歯抜けのようにも見えます。 (「ひょうたん池」の南西側に見られます)

 

 

ヤブマメ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤブマメ(マメ科)

他の草に絡み付いて生えるつる性1年草です。茎は細長くのび、下向きの毛が密に生えます。葉は3出複葉で互生し、その小葉は広卵形です。花は淡紫色の蝶形で、旗弁は紫色、翼弁と竜骨弁は白っぽいです。 (「七草の庭」などに見られます)