カレンダー

2018年10月
« 9月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

やっと咲き出しました「ミヤギノハギ」

投稿日:2014年9月12日
3.みどころ情報

園の中でも一番遅咲きの「ミヤギノハギ」が、やっと咲き出しました。

 

0912ミヤギノハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤギノハギ(マメ科)

大人の背丈ほどになりますが、草本のような性質もあり、半低木ともされる落葉低木です。葉腋に、長さ1.5㎝ほどの紅紫色の蝶型花を付けます。枝が枝垂れているのが特徴です。

 

 

花の他にも、野草園には見て頂きたいものがたくさんあります。

 

0912アサギマダラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アサギマダラ(タテハチョウ科・マダラチョウ科)

秋の七草の“フジ゛バカマ(写真)”の蜜が大好きな、羽を広げると10cmにもなる大形の蝶です。移動(わたり)をする蝶として知られています。ゆったりと飛び、人をあまり恐れないので良い被写体です。

 

 

珍しい実も見られます。

0912ヤマシャクヤクの実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマシャクヤク(ボタン科)の実

山に生え、花の時には全体がシャクヤクに似ているのでこの名です。花は開き切らずに3日くらいで散ってしまうので、花を見られることも運ですが、このような実を見つけることはもっと幸運です。ちなみに、黒い種は結実していますが、赤い種は不稔です。

 

 

0912ナツハゼの実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナツハゼ(ツツジ科)の実

初夏に、淡い黄赤色の鐘型の小花を穂状に付けていましたが、秋になって黒色に熟しました。年輩の方が若いころ、「ヤカンコ」「ヤロコハチマキ」と言って食べた、あの実です。甘酸っぱい懐かしい味です。