開園日について

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

やさしい野菊「ユウガギク」

投稿日:2014年7月29日
3.みどころ情報

0729ユウガギク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユウガギク(キク科)

近畿・中国地方に自生する多年草。高さは1~1.5mになります。よく似た野菊の仲間が幾種かありますが、冠毛が1mm以上、全体に毛がない点などが見分ける視点のようです。

 

 

 

0729ムクゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムクゲ(アオイ科)

インド・中国原産の落葉低木で、野草園では「吉林の庭」に咲いています。高さは3mほど。タチアオイに似た大きな花は、朝開いて夕方には落ちます。

 

 

 

0729ビロードトラノオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビロードトラノオ(ゴマノハグサ科)

茎の先の長い穂に多数の小花をつけます。葉の両面に、ビロードのような軟毛が生えていて、花の様子が虎の尾に似るのでこの名です。ぜひ、葉に触ってみてください。

 

 

 

0729アガパンサス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アガパンサス(ユリ科)

南アフリカ原産の多年草。開花時期や草丈など、種により変化に富んでいます。茎の先に数十輪の花を放射状に咲かせるところが特徴です。

 

 

 

0729 エビガライチゴ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エビガライチゴ(バラ科)

木イチゴの仲間で、全体が毛ガニのような毛で覆われています。初夏に白い花を付けていましたが、今は真っ赤な果実(液果)になっています。あまり美味しそうなので紹介しました。もちろん食べられます。