野草園からのおしらせ

たくさんの紅色の小花を密につけるアカバナシモツケ

投稿日:2019年6月30日
3.みどころ情報

アカバナシモツケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アカバナシモツケ(バラ科)

山の日当たりの良い草地に生える、草丈50~80cmの多年草です。葉は掌状に深く5~7裂し鋸歯があります。茎先に集散花序をつくり紅色の小花をたくさんつけます。小花の花弁は4個で多くの雄しべが花から突き出てふわっとした感じに見えます。 (「ナナカマドの森」や「マグノリア通り」に見られます)

 

 

 

オニシモツケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オニシモツケ(バラ科)

山地の谷沿いなどに群生する高さ1~1.5m程の多年草です。葉は奇数羽状複葉ですが頂小葉だけが特に大きく掌状に5裂し、葉柄に付く托葉も大きいです。茎の先に多数の白い小花を密につけます。花弁は4~5個で花弁より長い雄しべが多数あり目立ちます。 (「ナナカマドの森」などに見られます)

 

 

ブルーバーベイン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルーバーベイン(クマツヅラ科)

草丈1m程で上部で枝分かれした茎先に総状花序をつけます。青紫色の小花を細長いリンク状に下から順に咲かせていきます。薬用、浴用、茶用と用途が広いハーブです。 (「ハーブ園」に見られます)

 

 

ガウラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガウラ(アカバナ科)

北米原産の日当たりの良い場所に生育する草丈40~150cmの多年草で、花期が長く次々と花を咲かせます。径3cm程の花は花弁が4個で長い8個の雄しべが目立ちます。まるで白い蝶が飛んでいるような形の花なので別名「白蝶草(ハクチョウソウ)」と言います。 (「ハーブ園」に見られます)