野草園からのおしらせ

たくさんの紅色の小花を密につけるアカバナシモツケ

投稿日:2019年7月4日
3.みどころ情報

アカバナシモツケの群生左アカバナシモツケの群生右7.3 アカバナシモツケ2◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アカバナシモツケの群生

「ナナカマドの森」や「マグノリア通り」には、茎先にたくさんの紅色の小花を密につけた美しいアカバナシモツケが群生しています。雄しべが花から突き出てふわっとした感じに見えます。葉は掌状に深く5~7裂し鋸歯があります。

 

 

メタカラコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メタカラコウ(キク科

山地の湿地に生える多年草で、草丈が50~90cm、茎は直立して枝分かれしません。葉はフキに似て長い柄があり大きな三角状心形です。茎の先に黄色い花を総状につけます。花は歯が抜けたような1~3枚の舌状花と中心に筒状花が集まってつくられています。 (「クリンソウの谷」の西側に見られます)

 

 

ムラサキシキブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムラサキシキブ(シソ科)

山野に生える高さ3m程になる落葉低木で、葉は対生し葉の付け根から散房花序を出し、多数の淡紫色の小さな花をつけます。雄しべが長く突き出て目立ちます。花後に紫色の小さな果実がつくられます。名前は「紫色のシキミ」が訛ったもので、“シキミ”とは重なる実のことのようです。 (「ミズバショウの谷」など所々に見られます)

 

 

ツルコケモモ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツルコケモモ(ツツジ科)

つるを20cm程横に伸ばす常緑小低木ですが草のように見えます。前年枝の先から花柄を出し、白っぽい色の花を下向きに1個ずつ咲かせます。花弁は4裂してカタクリのように背面に反り返ります。花後、径1cm程の丸く赤い果実がつくられ「クランベリー」として食用にされます。 (「ロックガーデン」に見られます)

 

 

トリアシショウマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トリアシショウマ(ユキノシタ科

中部地方以北に生える多年草で花茎が40~100cm、葉は3回3出複葉です。茎は細い割には硬く、花序は円錐状で分枝し、白色の小花を密生します。名の由来は茎が細くて鳥の足のようだからなど、いろいろな説があります。 (「ロックガーデン」に見られます)