野草園からのおしらせ

たくさんの白い小花の集まりを枝にいっぱいつけるクマノミズキ

投稿日:2019年7月9日
3.みどころ情報

クマノミズキの木クマノミズキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クマノミズキ(ミズキ科)

山地の林に生える樹高8~12mの落葉高木で、ミズキの葉は互生しますが、本種の葉は対生します。径1cm程の白色の4弁花で長い雄しべの小花を多数咲かせた散房花序を新しい枝先に付けます。三重県熊野に多く生育していたことが名の由来のようです。 (「ナナカマドの森」などに見られます)

 

 

ジュンサイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュンサイ(スイレン科)

池や湖沼に生える多年生の浮遊植物で、寒天質の粘液で覆われた水中の若芽や若葉を食用にするので有名です。地下茎から伸びた茎に柄を伸ばし葉と花を付けます。花は6個の花被片で雄しべが多数あり紫紅色で目立ちます。 (「ひょうたん池」に見られます)

 

 

ミヤマハハソ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマハハソ(アワブキ科)

山地に生える落葉低木です。葉は長楕円形で、波上の粗い鋸歯があります。枝先に円錐花序が垂れ下がり、淡黄緑色の小さな花がたくさん咲いています。それが秋になると球形の黒い小さな果実になりたくさん付いています。別名ミヤマホウソです。(「深樹の小径」に見られます)

 

 

サボンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サボンソウ(ナデシコ科)

ヨーロッパ原産の草丈50cm程の多年草で、花は2cmほどの長い円筒形の萼の先に5個の花弁が横を向いて開きます。茎や葉をつぶして出てくる粘液質の汁は有毒のサポニンを多く含み、水と混ぜると石鹸のように泡立ちます。名のサボンはフランス語で「石鹸」の意味です。 (「ハーブ園」の東側に見られます)

 

 

ノコギリソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノコギリソウ(キク科)

山地に生える多年草で、草丈50~100cmです。葉の縁が細く深く切れ込み、その姿をのこぎりに例えてこの名がつきました。茎先に小さな花が集まって咲きます。花色は、白、ピンク、黄色などがあります。 (「七草の庭」などに見られます)

 

 

オオマツヨイグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオマツヨイグサ(アカバナ科)

北米原産の帰化植物で、道端や荒れ地などに生える2年草です。花は夕方に開き、朝にしぼむ1日花です。花は黄色の4弁花ですが径6~8cmとやや大きくしぼんでも赤くなりません。茎にたくさんの毛があり、毛の基部がふくれて暗赤色を帯びています。 (「ロックガーデン」」などに見られます)