野草園からのおしらせ

たくさんの白い円錐形の花序が枝につくトチノキ

投稿日:2019年5月23日
3.みどころ情報

トチノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トチノキ(ムクロジ科)

山地に生育する落葉高木で、葉は大きく5~7枚の掌状複葉で鋸歯があり、天狗の団扇のようです。1つの花は白色で基部がやや紅色を帯びた4弁花で、雄しべは長く花の外に出ています。それが20~30個が集まる円錐形の花序をつくっています。秋にはその一部がトチの実をつくります。 (「中央広場」などに見られます)

 

 

ミツバウツギ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミツバウツギ(ミツバウツギ科

山地に自生する高さ3~4mの落葉低木です。ウツギの仲間ではないが、花が白くて似ていることや、葉が3出複葉なのでこの名がついたようです。枝先に白い花の円錐花序をつけます。蕾は多いですが、花が全部咲くわけではないようです。花後の果実は特徴のある形をしています。 (「クリンソウの谷」の北西側に見られます)

 

 

ベニサラサドウダン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベニサラサドウダン(ツツジ科

落葉低木で葉は枝の先の方に集まってつきます。花は釣鐘形で下向きにつり下がり、色は薄紅色で濃赤色の筋が入ります。同じ仲間のサラサドウダンに比べて花はやや小さく、花色は濃いです。 (「中央広場」の西側に見られます)

 

 

ハナイカダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハナイカダ(ハナイカダ科)

山地に生える落葉低木で雌雄異珠です。葉の表面の主脈の中央付近に淡緑色の花をつけます。雄花は数個集まってつき、雌花は通常1個、まれに2~3個つきます。名前の由来は花を乗せた葉をいかだ(筏)に例えたようです。 (「深樹の小径」の入り口付近などに見られます)

 

 

ニシキギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニシキギ(ニシキギ科)

山野の林に生える落葉低木で、根際からよく枝分かれして伸び、若い枝には板状の翼があることが特徴です。花は黄緑色で花弁が4個の小花です。名前は秋の紅葉が美しく見事なので錦に例えたものです。そのために、庭木や生垣にたくさん使われています。 (「吉林の庭」などに見られます)

 

 

ヒメシャガ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメシャガ(アヤメ科)

山地の林下などで生育する多年草です。草丈が20~30cm、葉は先が尖った線形で、花径4cm程の淡紫色の花を付けます。花弁の中央は白色で、そこに紫色の脈と黄色の斑点があり、鶏冠状の突起があります。花がシャガに比べ小さいのでこの名がついたようです。 (「ロックガーデン」や「クリンソウの谷」などに見られます)

 

 

サルメンエビネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サルメンエビネ(ラン科)

エビネの仲間では最も北の地方まで生える多年草です。草丈が20~40cmの花茎に10個程の小さな花をつけます。名前の由来は、エビネの地下茎が海老に似ているから、花の唇弁が赤褐色で縮れており、それを猿の顔に見立ててつけられたようです。 (「ミズバショウの谷」の東側に見られます)

 

 

キタマムシグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キタマムシグサ(サトイモ科)

山地の林の下に生える草丈30~80cmの多年草で雌雄異株です。花のように見えるのは仏炎苞で緑色、白い筋が入り筒口部が少し曲がって耳状となっています。中にある付属体の下に、雄株には雄花序が、雌株には雌花序があります。初めは雄株ですが、大きく成長すると雌株になります。 (「ミズバショウの谷」の東側などに見られます)