野草園からのおしらせ

たくさんの渡り蝶のアサギマダラがフジバカマに飛来し蜜を吸っています

投稿日:2019年9月22日
3.みどころ情報

アサギマダラ4カメラマン2アサギマダラ雌アサギマダラ雄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フジバカマの蜜を吸うアサギマダラ(タテハチョウ科)

蔵王の山々で生まれ育ったたくさんのアサギマダラが、今「七草の庭」のフジバカマに飛来し蜜を吸っています。南の地方に移動を始める毎年9月に飛来します。アサギマダラの雄が雌を惹きつけるフェロモンをつくるために必要な物質が、フジバカマの蜜の中に多く含まれているからです。アサギマダラの写真を撮るカメラマンが多いです。アサギマダラはカメラマンが近づいても、他の蝶のようにすぐに逃げません。アサギマダラの雄(写真右)は後ろ羽根に黒い斑紋がありますが、雌(写真左)にはなく茶色です。

 

 

ウメバチソウ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウメバチソウ(ニシキギ科)

山野の日当たりの良い湿地に生える多年草で、10~40cmの細い花茎を直立し、白色の5弁花を1個つけます。花の中央の雌しべに特徴があります、大きな子房がありその先の柱頭が4裂しています。雄しべが5個、花粉を出さない仮雄しべもあります。花茎につく葉は柄がなく心形で花茎を抱いています。名の由来は、花の形が梅鉢の紋に似ているからのようです。 (「ロックガーデン」などに見られます)

 

 

シラハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラハギ(マメ科)

ミヤギノハギの変種で高さが1~2mの落葉低木で、古くから人家に植えられているハギです。多少枝が垂れて大きな株となり、葉は3出複葉で、全体に絹状の毛があります。垂れた枝に白色の蝶形の花をたくさん付けます。 (「本園入口の料金所」の北西側に見られます)

 

 

キタコブシの果実2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キタコブシの果実(モクレン科)

早春に白い花を咲かせていましたが、今はそれが果実になっています。袋果が不規則に合わさった集合果でやや握りこぶしに似た形です。その様子から名前がコブシとつけられたそうです。この後は心皮が破れ赤い種子が出てきます。 (「中央広場」の東側などに見られます)