野草園からのおしらせ

いろいろな名前を持つ赤い花、ヒガンバナ

投稿日:2019年9月15日
3.みどころ情報

ヒガンバナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒガンバナ(ヒガンバナ科)

人里の近い所に群生する草丈30~50cmの多年草です。線形の葉は花後に出て越冬し初夏に枯れてしまいます。秋になると花茎を立ち上げ赤い花を散形状に5~7個つけます。1つの花は6個の線形の花弁が大きく反り返り、1個の雌しべと6個の雄しべが花の外に突き出ています。ヒガンバナは秋の彼岸の頃に咲くので名がついたようですが、マンジュシャゲ(曼珠沙華)、シビトバナ(死人花)、ハミズハナミズ(葉見ず花見ず)などの別名も持っています。 (「野草の丘」に見られます)

 

 

オオバショウマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバショウマ(キンポウゲ科)

山地の林内などに生える日本固有の多年草で草丈70~120cm、葉の形は名の通り浅く裂けた掌状で径が20cm程と大きいです。長い茎の上部にサラシナショウマのような白い小花の穂状花序をつけました。小花の花弁と花弁状の萼片がありますが早く散ってしまい、たくさんの長い雄しべだけが目立ちます。 (「ミズバショウの谷」の東側に見られます)

 

 

タニソバ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タニソバ(タデ科)

田のあぜや湿った所に生える高さ10~40cmの1年草です。茎はよく分岐し横に広がります。葉は互生し、翼のある葉柄で基部は耳状に広がって茎を抱いています。白っぽい小花は茎先や葉腋などに多数集まって付いています。 (所々にあります)

 

 

カンボクの果実2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンボクの果実(レンプクソウ科)

初夏に白いガクアジサイのような花を咲かせましたが、今は真っ赤な果実を多数付けています。つぶしてみると強い臭気があり鳥もなかなか食べないようです。そのため果実は葉が落ちた後も春まで残ります。 (「クリンソウの谷」の北西側に見られます)