野草園からのおしらせ

「野草の丘」のオオヤマザクラ

投稿日:2019年4月29日
3.みどころ情報

「野草の丘」のオオヤマザクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「野草の丘」のオオヤマザクラ

野草園には21種程の桜があり、そのうち16種が野生種の桜です。それらの桜が次々と咲いています。早く咲いたものはもう赤っぽい葉桜になっています。遅咲きの桜も5月に入るとすぐ咲くでしょう。「野草の丘」の東側に咲くオオヤマザクラの下ではお客さんたちが座りながら花見をしています。

 

 

アズマシャクナゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アズマシャクナゲ(ツツジ科

東北や関東等の東国に分布するのでこの名があります。革質の葉が枝先に集まって付き、葉の裏が灰褐色の真綿状の軟毛があるのが特徴です。花弁が5裂した花も枝先に数個ずつ咲かせます。園内には白いアズマシャクナゲも咲いています。 (「シャクナゲの丘」に見られます)

 

 

オオカメノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオカメノキ(レンプクソウ科

ウサギの頭のような形をした冬芽が成長し、ガクアジサイのような形の花が咲きます。花の中心部には小さな両性花が集まり、その周りに白い装飾花があります。名の由来は葉が大きな亀の甲羅に似ているからです。別名ムシカリと言います。 (「スワンヒルの庭」の西側などに見られます)

 

 

ヒメツルニチニチソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメツルニチニチソウ(キョウチクトウ科)

茎は蔓(つる)となり細長く横に張り、花のつく茎は短く直立します。淡紫色の花は5裂して平らに開き、花弁は扇風機の羽根のように重なっています。ニチニチソウより全体的に小さく、一日花です。 (「ロックガーデン」の北側の登り口に見られます)

 

 

オオバキスミレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバキスミレ(スミレ科)

日本海側の多雪地に多く、根茎を伸ばして殖え大きな群落をつくります。草丈が人の足首程の多年草で、葉は心形で先が長く尖ります。花は径2cm程で黄色の5弁花、下の唇弁にスジの模様があります。 (「ミズバショウの谷」の東側に見られます)

 

 

シュンラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シュンラン(ラン科)

落葉樹林内に生育し、早春に咲くことから「春蘭」の名がついたようです。葉は線形で根元からまとまって立ち上がり、その間から花茎を伸ばし先端に横に向いた花をつけます。2個の側花弁は黄緑色、下の唇弁には白色で紅紫色斑点があります。(「ロックガーデン」に見られます)