カレンダー

2018年12月
« 11月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

「秋の七草」の青紫色の花、キキョウがたくさん咲いています

投稿日:2018年7月31日
3.みどころ情報

キキョウの群生キキョウ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キキョウの群生

「七草の庭」にはたくさんの白い蕾と青紫色の花のキキョウが咲き誇っています。花は横を向いて開花します。詳しく見ると、黄白色の5個の雄しべが雌しべを囲んでいる開花直後の花、雄しべが下に倒れ雌しべの花柱が5裂して開き受粉を待つ花(写真右)が見られます。秋の花ですが、8月前半が開花期間です。

 

 

オオミゾソバ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオミゾソバ(タデ科)

水田や湿地に生える草丈50~90cmの1年草で、茎には下向きの刺があります。葉は牛の顔を逆さまにしたような矛形(ほこがた)で互生します。枝先に淡紅色の小さな花が多数集まってつきます。お菓子のコンペイトウの様な形の花です。 (「水辺の花コーナー」などに見られます)

 

 

ベロニカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベロニカ(オオバコ科)

ヨーロッパ原産の草丈25~80cmの多年草です。真っ直ぐ立ち上げた枝先に10~20cmの穂状花序をつけます。青紫色の小花を密に付け下から順に咲いていきます。別名「ルリトラノオ」と呼ばれます。 (「ツツジの丘」に見られます)

 

 

オタカラコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オタカラコウ(キク科)

林の下や湿気の多い場所に生え、草丈1~2mになる多年草です。根生葉はフキの葉に似た径40~60cmの丸い葉です。立ち上げた茎の上部に黄色い花を総状に多数付け、下から上に開花していきます。1つの花には舌状花が8個程あり、3個程度の舌状花のメタカラコウとの違いがわかります。“雄宝香”の宝香とは防虫にもなる香りのことです。 (「ひょうたん池」の南側に見られます)

 

 

トチノキの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トチノキの果実(ムクロジ科)

落葉高木で春に白い花の花序を付けていましたが、今は、その花の一部が、径3~5cmの茶色の果実になっています。所々に6~10個程の果実を枝に付けています。 (「マグノリア通り」などに見られます)