野草園からのおしらせ

「七草の庭」は黄色いオミナエシの花でいっぱい

投稿日:2019年8月15日
3.みどころ情報

オミナエシの群生左オミナエシの群生右オミナエシの群れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オミナエシの群生

オミナエシは種子でも繁殖しますが、地下茎による栄養繁殖もするので群生が見られます。開花期間も長く8月の「七草の庭」はオミナエシの庭になります。一方同じ仲間のオトコエシは地下茎による繁殖はうまくいかず大きな群生は見られません。

 

 

オオウバユリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオウバユリ(ユリ科)

山地の林下に生え、高さが1.5~2mになります。茎の上部に10~20個の黄緑色の長い6弁花を横向きにつけます。名前は、花の咲く時期に下茎の葉が枯れてしまうので“葉がない”を“歯がない”とかけて姥に例えたものと言われています。花後はたくさんの翼の付いた種子の果実をつくります。 (「ミズバショウの谷」などに見られます)

 

 

カリガネソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カリガネソウ(シソ科)

山地や林縁に生える草丈1m程の多年草です。不快な臭いを出すので近くに行くだけで気づきます。葉腋から長い柄をもった花序を出し青紫色の唇形花をつけます。花は下側の唇弁は大きく、4個の雄しべと雌しべは共に長く下向きに湾曲します。名前は花の様子を冬の渡り鳥の雁(かり)の飛ぶ姿に例えたからのようです。 (「ひょうたん池」の西南側や「七草の庭」に見られます)

 

 

ススキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ススキ(イネ科)

地下には短いがしっかりした地下茎があり、そこから多数の花茎を立てます。葉は細長く、縁は鋭い刃物状になっています。茎の先端に長さ20~30cm程度の十数本に分かれた花穂をつけます。花穂は赤っぽい色をしています、ぶら下がっている黄色のものは雄しべの葯です。種子(正しくは穎果(えいか))になると白い毛が生えて、穂全体が白っぽくなります。 (園内の所々に見られます)

 

 

ワレモコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワレモコウ(バラ科)

山野の日当たりの良いところに生える多年草で、草丈が0.5~1mで葉は奇数羽状複葉です。茎頂に穂状花序をつけ上から下へと開花します。花穂の1つ1つ小花は、暗赤紫色の萼片で、花弁がありません。 (「マグノリア通り」や「七草の庭」などに見られます)