野草園からのおしらせ

「クリンソウの谷」は橙赤色のヤブカンゾウの谷に

投稿日:2019年7月30日
3.みどころ情報

ヤブカンゾウの群生左◎ヤブカンゾウの群生右◎

ヤブカンゾウの群れ◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤブカンゾウの群生

径10cm程の橙赤色の八重咲きの花を「クリンソウの谷」の東側一面に咲かせています。葉は長さ50cm程の広線形で、茎頂には数個の花を付けます。近くには同じ仲間のホンカンゾウの花も咲いています。今はカンゾウの谷になっています。

 

 

オミナエシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オミナエシ(スイカズラ科)

日当たりの良い山野に生える多年草で、「秋の七草」として良く知られています。草丈は80~120cmで葉は対生して羽状に裂けます。茎は上部で枝分かれし、黄色の小花を多数付けます。名前のオミナは“女”、エシは“飯”が訛ったことばで女飯とは粟飯のことらしいです。花が満開になると独特な匂いがします。 (「七草の庭」などに見られます)

 

 

ビロードトラノオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビロードトラノオ(オオバコ科)

草地に生える多年草で、草丈40~80cmの茎を立ち上げ、茎先に穂状の花序をつけます。小さな白い小花を多数密に付け下の方から咲いていきます。葉の両面にビロードの様な手触りの良い軟毛が生えていて、花序が虎の尻尾に似ていることが名の由来のようです。 (「七草の庭」の東側に見られます)

 

 

ハクサンフウロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハクサンフウロ(フウロソウ科)

亜高山の草地に生える草丈50cm程の多年草です。根元から生える葉は手のひら形で5~7つの深い切れ込みがあります。和名は石川・岐阜両県にまたがる白山にちなんでつけられました。淡紫色の花弁は5枚で紫色の筋が見られ、10本の雄しべが放射状に並んでいます。 (「ロックガーデン」に見られます)

 

 

ツリフネソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツリフネソウ(ツリフネソウ科)

山野の水辺に群生する草丈30~50cmの1年草で茎の先に数個の花がぶら下がります。花は紅紫色で距が著しく後ろに突き出て渦巻き状になります。花弁は3個で下は2個がくっついて唇弁になり、距がある袋は萼片です。名前は花の形が花器の釣舟に似ているのでつけられたようです。 (「クリンソウの谷」など所々に見られます)

 

 

ヌスビトハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヌスビトハギ(マメ科)

やや日陰の藪や草地に生える多年草です。葉は卵形の小葉3枚からなり互生します。枝先に長い総状花序を出し淡紅色の小さな蝶形花をまばらに付けます。花後につくられる果実には表面に密生したカギ状の毛があり衣服にくっつきます。その形が盗人の足跡に似ているから名がついたようですが、サングラスの形にも似ています。 (園内の所々に見られます)