カレンダー

2018年9月
« 8月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

「アジサイロード」は水色のエゾアジサイでいっぱい

投稿日:2018年7月3日
3.みどころ情報

エゾアジサイの群生エゾアジサイ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾアジサイの群生

梅雨時期に咲く代表的な花「紫陽花(あじさい)」、たくさんの種類があります。野草園では「エゾアジサイ」「ガクアジサイ」「ホンアジサイ」「ヤマアジサイ」が咲きます。野草園内の「アジサイロード」の道路の両側には水色のエゾアジサイが一面咲き誇っています。

 

 

キクイモモドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キクイモモドキ(キク科)

北米原産の多年草で草丈1m程、ヒマワリ属のキクイモに似た花を咲かせることからこの名がついたようです。葉は対生で、キクイモは根茎の先に芋(塊茎)をつくりますが、本種はつくりません。花は黄色い舌状花が8~15枚です。(「スワンヒルの庭」の東側に見られます)

 

 

クガイソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クガイソウ(オオバコ科)

山地の草地に生える草丈80~130cmの多年草で、細長い葉を4~8枚を数階に輪生するので名が「九階草」となったようです。茎頂に穂のような長い総状花序をつくり多数の青紫色の小花を下から上へ密に付けます。 (「クリンソウの谷」の南側に見られます)

 

 

イワガラミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワガラミ(アジサイ科)

名前の通り、幹や枝から気根を出して高木や岩に絡みながら這い登るつる性の落葉低木です。中心部に両性花が集まり、周りに装飾花が並びます。装飾花は白い花弁状の萼片が1枚ずつなのが特徴です。 (「薬草コーナー」の北西側に見られます)

 

 

エゾウコギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾウコギ(ウコギ科)

北海道などに自生する落葉低木です。高さは1~5mで枝には刺があります。葉は掌状複葉で小葉は3~5枚、葉柄には長い毛が生え刺もあります。枝先に球形の散形花序を2~4個だし淡黄白色の小花を多数つけます。 (「薬草コーナー」に見られます)

 

 

ウマノミツバ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウマノミツバ(セリ科)

林の下の木陰などに生える多年草です。茎は直立し枝を分け、草丈30~60cmになります。葉は3裂し、側小葉がさらに2裂するので5裂しているように見えます。葉の表面は葉脈がくぼみ、裏面は葉脈が隆起します。茎先に複散形花序を出し小さな白花をつけます。名前は食用にならず、馬に食べさせる草のようなものであるからつけられたそうです。(所々に見られます)